【時給労働脱出】大学生がバイト以外で効率よくお金を稼ぐ方法3選

大学生

どうも、バイトは肉体労働が一番苦手なリク(Alchymia_blog)です。

大学生は時間はあるのに、お金がないということに悩まされがち。

お金が欲しいからバイトをするけど、テスト期間や大学の課題に講義でなかなか収入を増やせない。

そこで、時給労働地獄を脱出して効率よく稼ぐべく今回は、バイト以外で稼げる3つのオススメの稼ぎ方について紹介します。

  • ブログ運営
  • WEBライター
  • NFT投資・転売

これらは僕がすべて現在進行形で実践している内容でもあります。

大学生は時間がある貴重な期間なので、この記事を参考に是非自身の収入アップにつなげてください。

バイト以外で稼ぐべき理由

バイトは時間を売ってお金を得るという仕組みですが、この仕組みが悪循環を生み出しています。

シフトを減らされたり、シフトの量が多く過労気味になると収入も安定せず、精神的にもよくありません。

なので、バイトを収入の柱とする生活から抜け出しましょう。

そこで、バイト以外で稼ぐ3つの具体的な理由について紹介したいと思います。

時給労働から抜け出せるから

バイトを増やしたところで、この先収入が増えることはありません。

それはバイトが時給労働だからです。

時間は1日24時間と決まっていて、それに見合った報酬も限界があります。

大学生は講義に課題、テスト期間があり、時間の全てをバイトに注げるわけではありません。

どんなに時間を費やしても10万円程度が関の山です。

バイト以外で稼げるようになると、この時給労働から脱することができ、時間も収入も確保できるようになります。

収入の底上げが期待できるから

バイト以外で稼げるようになると収入の大幅アップに期待できます。

単純に時給労働から抜け出すわけですから、収入の上限が外れます。

なので、バイトよりも多く稼げるようになるでしょう。

スキルが身につく

これから紹介する働き方は、全て何かしらのスキルが身につきます。

バイトでもコミュニケーションスキルや接客スキルなど身につくと思いますが、それとはまた別です。

バイトでは身につけられない、他人と差別化できるようなスキルを稼ぎながら身につけることができます。

稼ぐ目的を明確に

あなたは、どんな理由があってお金を稼ぎたいのですか?

これを読んでいるということは、少なからずお金を欲しているということですよね?

お金を稼ぎたい理由はさまざまあると思いますが、

  • 遊び・旅行・アーティストのライブにいきたいから
  • ほしい服や生活費を稼ぐため
  • 大学の学費やアパートの家賃、光熱費などを賄うため

とさまざまあると思います。

稼ぐ理由はこれの他にもさまざまあると思いますが、共通して言えるのは

今の生活よりも豊かに暮らしたい!それを成し遂げるためにはお金が必要

ということではないでしょうか。

お金を稼ぐ目的を明確にしてそこから逆算することで、収入アップにつなげられるでしょう。

目的がないとすぐに挫折してしまう

まず、目的を明確にしないと必ず挫折してしまいます。

そして、すぐにバイトに戻り以前と同じような生活に戻ってしまう。

どれくらいの額をどれくらいの期間で稼ぎたいのか明確でないと、モチベーションが続かずすぐにアルバイトに逃げてしまいます。

目的が明確だとそれに向かってどの手段を使い、どのようなロードマップをたどればいいかが明確になり、それに向けての情報収集も自ずと効率がよくなります。

目的を明確にすることがお金を稼ぐことへの一番の近道です。

挫折しそうになったときも、必ず目的を思い出すようにしましょう。

なぜこれを始めたのか、目的は何なのか。

大学生がバイト以外でお金を稼ぐときに知っておきたいこと

バイト以外の稼ぎ方を紹介する前に、押さえておきたいポイントを解説していきます。

  1. スキルや経験が身につくか
  2. 長期的に稼げるか
  3. 信頼はなくさないか

具体的にはこの3つになります。

スキルや経験が身につくか

先ほども言った通りアルバイトでは、アルバイトで身につけられるスキルがありますが、ほとんどの大学生がバイトを経験しているため、誰でも身につけられるスキルになります。

バイト以外で稼ぐ場合、アルバイトよりも効率的に稼ぎたいと思うのは当然の考えです。

あなたのスキルや経験がお金を稼ぐ能力になるので、スキルが身につかないバイトで収入を上げながら稼ぎ続けるのは難しいでしょう。

バイトなんて代わりはいくらでもいますから。

欲を言うと、将来就職に役に立つようなスキルや経験を積むことが好ましいです。

例えばプログラミングとかがいい例です。

プログラミングを勉強し、スキルを磨き学生のうちにクラウドソーシングなどで仕事を受注し実績を積み上げるといった方法もあります。

長期的に稼げるか

2つ目のポイントは、「長期的に稼げるか」ということです。

短期的に大きな利益を産めるのはパチンコやスロット・競馬になります。

しかし、これは継続的に稼ぐことは難しく多くの人はどこかのタイミングで損失を産んでしまいます。

そうして利益よりも投資額が上回ってそれを取り返そうとまたパチンコをする悪循環が生まれてしまいます。

また、FXなどもあまりオススメはしません。

FXは知識がないと多額のお金を溶かしてしまうので、注意が必要です。

バイトの代わりに専業トレーダーとしてお金を稼ごうとするのは、お金だけでなく精神もすり減らしてしまうので、余剰資金ができてからにしましょう。

信頼はなくさないか

最後は「信頼はなくさないか」という点です。

ねずみ講や怪しい情報商材に手を出し、家族や友人など周りの人からの信頼を失わない稼ぎ方なのかしっかり確認しましょう。

「スマホだけで月50万」「1日30分の作業で月10万」などを謳い文句で家族や友人を騙し、お金を稼ぐやり方は絶対にやめましょう。

そもそも、ねずみ講は大元が儲かるだけで僕等のような下っ端は大して儲からないような仕組みです。

これから紹介する稼ぎ方もそうですが、楽して稼げるやり方なんてありません。

成功者は楽して稼いでるように見えてちゃんとその裏では稼ぎ方・スキル磨きにリソースを割いています。

大学生がバイト以外で稼げるオススメの稼ぎ方

それでは、稼ぎ方について紹介していきたいと思います。

バイトのように即金性は低く、楽に稼ぐことはできません。

その反面、コツコツ積み上げていくとレバレッジがかなり効き、収入アップに大きく貢献してくれるでしょう。

ブログ運営

一つ目は、アフィリエイトブログの運営です。

アフィリエイトブログの稼ぐ仕組みは以下の通り

  1. 企業が広告をASPというところに登録
  2. ASPがサイトで依頼された広告案件を記載
  3. ブロガーがASPで案件と提携
  4. ブロガーが自身のブログで案件を紹介
  5. 読者がブログを訪れて広告をクリックして申し込む
  6. ブロガーに広告収益が入る

このような流れです。

ブログ運営は、即金性が低く稼げるまで時間がかかります。

しかし、稼げるようになると収入は数十万から数百万にまで昇り詰めることが可能です。

初期費用も低く、月1000円ほどで始めることができます。

ブログを運営するポイント
  • ジャンルは絞る
  • 高単価×自分が興味が持てるもの×成約までのハードルが低いジャンル

この2点を抑えて運営するのが好ましいです。

ブログは自分の分身のようなものです。

ブログで稼げるようになると、自分が寝てても、友人と遊んでいても旅行にいっててもブログが代わりに稼いでくれるようになります。

これこそがブログを運営する最大の魅力だと思います。

>>>ブログを始めてみる

WEBライター

二つ目はWEBライターです。

読んで文字のごとく、記事を書いて、報酬をもらう稼ぎ方です。

大学生の僕でも初月で1,7000円ほど稼ぐことができました。

WEBライターは「1文字〇円」というように、文字数あたりで報酬をもらいます。

未経験から始めるなら、報酬は低く0.5円などが相場ですが、実績をつみコツコツ活動していくと、文字単価も上がっていき1円、2円という案件も受けられるようになるでしょう。

WEBライターのいいところは、

  • パソコン一つあればどこでも稼げる
  • SEOの知識やライティングスキルを磨ける
  • 文字単価が上がると効率よく稼げる
  • 就活でアピールできる

就活でWEBマーケの企業を希望しているならば、学生時代にライターとして活動してSEOの知識を身につけ、WEBライターのみならず自身のブログでもガンガン稼いでましたとアピールすれば即戦力でしょう。

また、WEBライターはブログ運営との相性が非常にいいです。

WEBライターで活動する上で、ブログというポートフォリオがあった方が仕事を受けやすいし、WEBライターのスキルを活かしてブログでも稼ぐことができるので相乗効果を望めます。

僕は仮想通貨ブログを運営しているのですが、WEBライターも「仮想通貨」というジャンルで仕事を受けています。

ブログとWEBライターのジャンルはリンクさせることをオススメします。

なぜなら、仮想通貨の記事執筆で応募しているのにブログは美容系を運営していたら、クライアントからすると本当に仮想通貨に関して記事書けるのかと疑問に思うからです。

それだったらブログも仮想通貨に特化したものを運営している実績がある人を選びますよね。

WEBライターにおいて仮想通貨というジャンルは文字単価も1円以上が多く、低単価で消耗するということはまずありません。

ブログで累計2億円稼いだクニトミさんですら、仮想通貨は稼ぎやすいというほど仮想通貨は今ホットな市場です。

とわいえ、ゼロからの知識で仮想通貨も触ったことがありませんという人より、仮想通貨の取引経験があったり、仮想通貨に関して知識がある人の方がクライアントからは選ばれやすいです。

仮想通貨の取引まで難しいことはなく無料で口座開設ができ所要時間は10分でおわり、500円から仮想通貨をかうことができます。

まずは、サクッと口座開設を済ませ、500~1000円くらいの仮想通貨を買ってみましょう。

NFT投資・転売

これは、最新の稼ぎ方になります。

そもそもNFTとは何か、NFTとは「Non-Fungible Token」といってこれの頭文字を撮ったものになります。

日本語で「非代替性トークン」というデジタルデータを本物であると証明できるようになりました。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

デジタルアートにNFTを付与したNFTアートは基本数量限定で販売され、本物証明ができるという2点から希少価値が生まれ2次流通で非常に高値で取引されます。

2次流通の価格は定価の100倍以上の価格で取引されるのはザラにあります。

やり方は、シンプルでNFTを安く仕入れて高く売るというやり方です。

いわゆる転売というやり方です。

このNFT転売で0.14ETH(2,7000円)ほどの利益を出すことに成功しています。

またリリースされたNFTを持っておくだけで、新しくリリース予定のNFTアートを安く買えるという特典も付与されたりします。

なので、NFTを売らずに持っておくとどんどん価値が上がっていきます。

今僕が持っているNFTアートだけでも10万円ほどの含み益を産んでくれています。

NFTでの稼ぎ方は【誰でもできる】NFTを転売してサクッと○○万円稼ぐまでのロードマップをご覧ください。

まとめ

どの稼ぎ方も極めれば、バイト以上に稼げるものになるでしょう。

最初は思ったようにいかず、苦しいかもしれませんが、そういう時はなぜこれを始めたのか自分自身に問いただしてみましょう。

目標を再確認することで、失敗しながら継続し成功をつかみ取りましょう。

僕も毎日コツコツ積み上げていきます。

一緒に頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました